難聴・補聴器外来|たまき耳鼻咽喉科|大阪市生野区今里駅すぐの耳鼻咽喉科

〒544-0001 大阪府大阪市生野区新今里2-6-24
06-6751-9191

難聴・補聴器外来

Medical

難聴・補聴器外来|たまき耳鼻咽喉科|大阪市生野区今里駅すぐの耳鼻咽喉科

補聴器外来

聴力でお困りの患者様の相談も行っております。
各種聴力検査(純音聴力検査・語音聴力検査)を行っていますので、まずは一般外来にお越しください。

補聴器について

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。例えば、「広い」と「白い」、「佐藤さん」と「加藤さん」などのような文言では、言葉の聞き間違いが起こりやすくなってきます。

こうした年齢による聴力の低下は、年を重ねるごとに少しずつ進んでいきますので、耳が遠くなったように感じられたら早めに専門家による評価を受け、必要ならば適切な補聴器を装用することが大切です。

また、聴力の低下のなかには、何らかの疾患が原因となっており、その治療により回復が見込めるケースがあります。しかし、治療を行っても回復が見込めず、難聴による不便が生じたなら、補聴器の装用を検討します。

補聴器の種類

補聴器と一口に言っても、いろいろな種類が存在します。見た目の形も違えば、価格によっても、どんな機能が搭載されているかによっても違いが出てきます。また、信号処理の方法によって、大きく「アナログ補聴器」と「デジタル補聴器」に分けることもできます。

このように補聴器にはいろいろな種類・タイプがあります。そのため、それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶことが大切になります。

なお、補聴器を装着しさえすれば、以前と全く同じように聞こえるようになるというわけではありません。しかし、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになることで、生活の中で生じていた様々な不便が軽減され、より快適に暮らせるようになります。

フィッテイングについて

補聴器は、ひとりひとりの難聴や聞こえの状態によりフィッテイング(調整)することが必要です。装着者によって、その効果が異なる場合がございます。

Top