滲出性中耳炎|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

テレビの音が大きい、大きな声でおしゃべりする、呼んでも返事をしない、「耳がふさがった感じがする」という

お子様にこのような症状があればそれは滲出性中耳炎かもしれません。滲出性中耳炎は聞こえの悪くなる子どもに多い病気です。気にある症状があれば早めにご来院ください。

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)とは?

滲出性中耳炎は、鼓膜の奥の中耳という場所に液体がたまり聞こえが悪くなる病気です。その原因は中耳の炎症と耳管の働きの悪さだと考えられています。
急性中耳炎と違い発熱や耳の痛みなどの急性の感染症の症状もほとんど無いため、幼いお子さんが自分から耳の症状を訴えることはほとんどありません。
特徴としては聞こえが悪くボーッとしている、聞いたことと違った返事が戻ってくる、聞き返しが多いなどの症状があり、「言うことの聞けない子だ」と周りから思われていることがあります。また、たまたま耳鼻科を受診した時や、就学前後の健康診断時に見つかることもあります。

滲出性中耳炎は乳幼児期から小児期に起こる伝音難聴(でんおんなんちょう:外耳や中耳の障害で起こる聞こえの悪い状態)の原因として最も多いものです。鼓膜の内側に液体がたまり鼓膜の働きが悪くなるため、聞こえが悪くなってしまいます。
突然聞こえが悪くなると難聴に気が付きやすいのですが、滲出液は一度に溜まるわけではなく少しずつ溜まっていきますので、本人も周囲の家族も気がつきにくいのです。滲出液の貯留が長期間に及ぶと滲出液も粘り気をもつようになり、難聴もさらに悪化します。

滲出性中耳炎の起こる仕組み

中耳と鼻は耳管という管でつながっており、この耳管によって中耳の中の圧力の調節と中耳粘膜からの粘液の排泄が行われています。普通はここから中耳に空気が入ってきますが何らかの原因で耳管が詰まって耳管から空気が入ってこなくなるとどうなるでしょう。
中耳から空気が抜けた状態となり中は通常の気圧よりも低い状態になってしまいます。すると鼓膜は内側に引っ張られたようになり中耳側に凹みます。また、中耳の内側の粘膜からは滲出液がにじみ出てきます。このような状態を滲出性中耳炎といいます。

滲出性中耳炎は耳管の働きを悪くする病気が原因となり、耳管の働きが未熟で耳管開口部付近にあるアデノイドが増大する幼少児に最も多く5~7歳頃がピークです。

小児ではかぜや急性中耳炎に続いて起こったり、副鼻腔やアデノイドの慢性炎症と一緒に起こることが多くみられます。アレルギー性鼻炎や急性鼻炎、副鼻腔炎に罹ったあとに発症することもあります。
また耳管の機能が衰える高齢者にも多く発症します。比較的まれですが、上咽頭がんでも滲出性中耳炎が初めの症状になることが多く、特に成人の滲出性中耳炎では注意が必要です。

滲出性中耳炎が治りにくい要因

幼小児において、滲出性中耳炎が治りにくい要因は以下のようなものがあります。

  • 保育園児
  • 耳管の入り口付近の炎症(アデノイド増殖症、鼻副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎)
  • 慢性的な鼻すすり

滲出性中耳炎の症状

滲出性中耳炎のお子様

難聴と耳が詰まった感じ(耳閉感)が主な症状です。しかし、幼いお子さんの場合は自覚症状を訴えられず、またご家族が客観的にとらえる症状も乏しいため、健診で発見されることも多く注意が必要です。
少し大きくなると呼び掛けに反応しない、聞き返しが多いことや、画面に近づいてテレビをみること、テレビのボリュームを上げることなどで気づかれることがあります。

年長児では「耳の詰まった感覚」や食べ物などを飲み込むときに「耳に何か音がする」など訴えることがあります。生活の中で難聴が疑われる場合は早めに検査を受けましょう。3歳児健診で滲出性中耳炎が見つかる場合も少なくありません。
アデノイド増殖症によるいびきや睡眠時無呼吸がある場合も滲出性中耳炎を一緒に発症している可能性が考えられます。

乳幼児では軽い難聴でも言葉の発達や知識の吸収に影響するため早めに対応をする必要があります。
成人や高齢者では難聴、耳鳴りや耳の中で液体の動く音を自覚したり、耳の閉塞感(耳閉感)、圧迫感を感じますが、特に高齢者では老人性難聴として放置されることも少なくありません。

滲出性中耳炎の治療

滲出性中耳炎の治療の基本は耳管の働きを悪くしている原因を治療することです。ですので単に耳だけを治療すればよいというものではありません。みみ・はな・のどの全体的な治療が必要になります。
アレルギー性鼻炎や急性鼻炎、アデノイド増殖症、副鼻腔炎、上咽頭癌など滲出性中耳炎の原因となる病気の治療を行うことで滲出性中耳炎も良くなるということなのです。

病気の状況に合わせて次のような治療を組み合わせて行います。
1~2歳のお子さんでは、両耳の滲出性中耳炎の長期的に見たQOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)では、鼓膜換気チューブ留置児と経過観察児では有意差が無かったとの報告もあり、まずは鼓膜切開や鼓膜換気チューブ留置の手術を行わずお薬や処置で観察していきます。

薬物療法
副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの炎症のコントロールを行います。
2歳以上の副鼻腔炎を合併した滲出性中耳炎の小児にはマクロライド系抗菌薬の少量長期投与が有効です。
アレルギー性鼻炎の合併には抗ヒスタミン薬を投与します。
鼻処置
鼻ネブライザー療法や鼻水の吸引などの局所の処置を行い、鼻腔・鼻咽腔の状態の改善に努めます。
耳管通気
通気により耳管、鼓室粘膜の正常化、滲出物の排泄や中耳の換気を行います。
はなすすりの禁止
滲出性中耳炎の1~2割程度の人で鼻すすりが病気に悪影響を及ぼしていると報告されています。このようなお子さんでは鼻すすり癖ををやめさせると1~2週間で鼓膜の状態の改善が見られます。
鼓膜切開
鼓膜を切開することにより貯留液を排除します。
鼓膜切開による鼓膜の穴は、1週間程度で閉じるので効果は一時的なことが多いです。
鼓膜換気チューブ留置
鼓膜に換気チューブを留置する場合は、3~6か月間の薬や鼻処置などでの保存的治療によっても良くならない場合、アデノイドの切除、鼓膜の切開を行っても無効な場合、難治化が予想される場合に行います。シリコン、テフロンなどの小さい管を鼓膜を切開した穴から中耳に向かって挿入し留置します。これにより中耳に溜まった貯留液の排泄や内耳の中の陰圧の改善に役立ちます。

滲出性中耳炎は治りやすい?

滲出性中耳炎のお子様

滲出性中耳炎は生まれて1年で50%、2歳で60%がかかり、そのうち約30~40%が滲出性中耳炎を繰り返し、5~10%が1年以上継続するといわれています。慢性に経過した小児の滲出性中耳炎の自然に治る確率は、3ヶ月で19%、6ヵ月で25%、1~2年で31~33%と報告されています。就学時までには90%、10歳までには99.5%が治ります。

ですので、10歳までは「滲出性中耳炎が治った」「通院終了」と言えないことも多いです。大部分は成長とともに良くなりますが、癒着性中耳炎や真珠腫性中耳炎、鼓膜石灰化・鼓室硬化症などの後遺症を残す場合もあります。大きな症状もなく治療に時間はかかりますが中断しないで根気強く治療を続けていきましょう。なかなか治らない例では10歳以上でも治療を続ける必要があります。長引く場合は治療に数年以上かかることもあります。ご家族が温かく見守ってあげましょう。

滲出性中耳炎とことばの発達

滲出性中耳炎によることばの発達障害は3歳で6~8%、幼稚園で2~13%との報告があります。
幼児期は言葉を覚えたり、性格の形成に大切な時期なので、軽い難聴であっても早めに治療を行いましょう。

待ち時間の確認と受付がオンラインで行えます!

たまき耳鼻咽喉科アイチケットオンライン受付|http://paa.jp/t/116701/
PC・スマホはクリック

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。右の画像からお進み下さい。(診察券番号をお持ちの方に限ります)携帯電話でもご利用になれます。
右のQRコードを読み取ってお進み下さい。
尚、初診の方は診療時間内にお越しください。

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。(診察券番号をお持ちの方に限ります)

オンライン受付をする
このページのトップへ戻る