とびひ|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

「とびひ」とは

「とびひ」とは、正しい名前を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれる子供に多い皮膚の病気です。
とびひになった部位を触った手で他の場所を掻いたり、水ぶくれが破れて出てくる液が他の子に付いたりすると、飛び火して全身に広がったり、他の子に伝染ったりしてしまうことから「とびひ」と呼ばれます。
夏に多い病気ですが、暖房器具や温水プールの普及で、最近では冬にも見られるようになりました。

とびひの症状

とびひの症例

「とびひ」は、水ぶくれができる水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)とかさぶたができる痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2種類がありますが、多いのは水ぶくれができるタイプです。

最初は、手足や顔に小さな米粒くらいの大きさの水ぶくれができ、それがだんだん大きくなって、卵ぐらいの大きさになることもあります。水ぶくれは簡単に破れて、皮が赤くむけてジュクジュクした状態(びらん)になったり、かさぶた(痂皮)をのせるようになり、そこからさらに「とびひ」が拡大したりします。また、水ぶくれの中の液やびらん面の液が他の場所や他の子に付くと、伝染るので注意しましょう。

とびひの原因

「とびひ」は主に黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)という細菌が原因です。

健康な皮膚は、表皮というバリアで守られているので、細菌が感染することはありません。しかし、虫さされやあせもや湿疹などを掻いて、小さな傷ができていたり、転んでできた傷などがあると、そこから細菌が皮膚に入り込んで「とびひ」を引き起こします。

とびひの治療

たまき耳鼻咽喉科外観

早めに受診し、適切な治療をすれば、「とびひ」は決して怖い病気ではありません。「とびひ」かな?と思ったら、早めにご来院下さい。

「とびひ」は掻くことで悪化するので、飲み薬、塗り薬だけでなくかゆみ止めの薬を処方することもあります。これらの薬を医師の指示に従って正しく使っていくことが大切です。
また、良くなったと思ってご自身の判断だけで薬をやめると再発する恐れがありますので、必ず医師に経過を報告し、「薬をやめてもいい」と診断されるまではしっかり治療を続けましょう。

お風呂に入っても大丈夫?

タオルは使いまわさない

皮膚を清潔に保つことは「とびひ」のケアの基本です。汗をかいたりして汚れたなと思ったら、あるいは最低1日1回は石鹸を良く泡立てて、こすらないように丁寧に洗って下さい。ただし、患部が乾くまでは、お風呂に浸かるよりシャワーや掛け湯で洗い流す方がいいでしょう。
また、「とびひ」の子の使ったタオル等は、他の子が使わないように気をつけましょう。

保育園や幼稚園、学校への登園・登校

プールは入らないようにしましょう

「とびひ」は伝染る病気ですので、医師の許可が出るまでは、幼稚園や保育園、学校はお休みしましょう。きちんと治療をして、患部を包帯やガーゼなどで覆って、他の子にうつさないよう工夫すれば登園、登校できる場合もあります。
ただし、悪化したり他の子にうつしたりする恐れがありますので、プールは入らないようにしましょう。詳しくは、来院の際にご相談下さい。

とびひの予防・再発

  • アトピー性皮膚炎のあるお子さんや、虫さされや怪我などで皮膚に傷のあるお子さんは「とびひ」にかかりやすいので、これらの治療をきちんと行うことが大切です。
  • 汚い手で湿疹や虫さされを掻きむしることが「とびひ」の原因になります。爪はいつもきちんと切り、外出後は必ず手洗いをして、手指の清潔に努めましょう。

「とびひ」は免疫ができる病気ではありませんので、何度でもかかります。
ですから治っても安心せず、皮膚を清潔にして爪を短く切っておくなど、日頃から「とびひ」の予防に心掛けましょう。

待ち時間の確認と受付がオンラインで行えます!

たまき耳鼻咽喉科アイチケットオンライン受付|http://paa.jp/t/116701/
PC・スマホはクリック

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。右の画像からお進み下さい。(診察券番号をお持ちの方に限ります)携帯電話でもご利用になれます。
右のQRコードを読み取ってお進み下さい。
尚、初診の方は診療時間内にお越しください。

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。(診察券番号をお持ちの方に限ります)

オンライン受付をする
このページのトップへ戻る