秋の花粉症|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

秋の花粉症

夏の暑さが和らいでくる秋の初め、風邪と間違われやすい「秋の花粉症」に注意!
秋の花粉症はお子様にも発症しやすく、秋に発症が多いダニやハウスダストによるアレルギーと重なると、症状が悪化して長引く場合もあります。症状に心当たりのある方はアレルギー検査で原因を特定し、早めの対応を心掛けましょう。

花粉症は春だけではない

花粉症といえば、春のスギ、ヒノキによる花粉のイメージが強いと思いますが、夏の終わりから秋にかけて発症する「秋の花粉症」にも注意が必要です。 夏から秋への季節の変わり目は風邪をひきやすい時季ですが、この時季に「鼻水・くしゃみが止まらない」「微熱が出る」などの症状が続いた場合は、風邪よりも花粉症やハウスダストを疑ったほうがいいかもしれません。

秋の花粉症の症状

秋の花粉症の代表「ブタクサ」

秋の花粉症の時期は急に寒くなって風邪をひく時期でもあります。前述のように鼻水やくしゃみは風邪などでも起こる症状ですが、花粉症では

  • 透明でサラッとした鼻水が出る
  • 1週間以上、くしゃみや鼻水が続いている
  • 目のかゆみがある
  • くしゃみが止まらないことがある
  • 熱があっても微熱程度で高熱ではない
  • 晴れた日に、より強く症状が出る

等の症状が見られ、これらが急に悪化したり、症状が安定しないという特徴があります。

原因物質(抗原)

秋の花粉症は背の低い草花からの花粉が主な原因で起こります。春のスギ花粉などと比較すると花粉の飛散数は少ないのですが、原因となる草花は野原や道端など至るところで見られます。通常秋の花粉は、毎年8月ごろから日本各地で飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われています。

花粉量:少ない
少ない
花粉量:飛散時期
飛散時期
花粉量:ピーク
ピーク
主な原因植物 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブタクサ属 - - - - - - - 少ない 飛散時期 少ない - -
ヨモギ属 - - - - - - 少ない 少ない ピーク 飛散時期 少ない -
カナムグラ - - - - - - - 少ない 飛散時期 少ない - -
イラクサ - - - - - - - - 飛散時期 - - -

ブタクサ属

  • 8月~10月
  • 9月

ヨモギ属

  • 7月~11月
  • 10月
  • 9月

カナムグラ

  • 8月~10月
  • 9月

イラクサ

  • 9月

ブタクサ キク科 9月中旬~10月中旬

ブタクサ

高さ1mくらいの雌雄同株の植物で繁殖力・環境適応力が強く、道端・空き地・河川敷などに全国に広く分布し、秋の花粉症の原因として代表的な雑草です。
風に乗って広域に飛散するスギ花粉と異なり、ブタクサの花粉は数十~数百メートルほどしか飛散しません。太陽が昇り始める早朝から午前中にかけて多量に飛散する傾向があります。
北アメリカ原産で、アメリカではブタクサによる花粉症の患者数が最も多いとされています。

ヨモギ キク科 8月中旬~10月中旬

ヨモギ

繁殖力が強く、平地から高山まで全国に広く分布しています。ブタクサとならび、秋の花粉症の原因として代表的な雑草です。
抗原性の強さはブタクサ以上で、飛散量も増加傾向にあり、患者数も増加しています。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としても普段から馴染みの深い雑草です。

カナムグラ クワ科 8月中旬~10月中旬

カナムグラ

道端や荒れ地、林の周辺など全国に広く分布しており、花粉症の頻度は高くありませんが、抗原性は強く秋の花粉症の原因となります。雌雄異株のつる植物で茎から葉に小さな逆向きのとげがあり、木や電柱等に絡みつく。

イラクサ イラクサ科 9月上旬~9月下旬

イラクサ

山地や林の中に多く見られる多年草で、茎は高さ40~80cm、逆向きの細かい毛があり、葉とともに多くの刺があります。本州や四国、九州に多く植生しています。

2013年秋の花粉症傾向

今年は9月と10月も全国的に例年より気温が高く、降水量が多いことが見込まれ、高温多雨の影響により通常は9月にピークを迎えるはずのブタクサの花粉飛散が10月にずれ込む見通しであるそうです。そのため、全体的に秋の花粉の飛散期間が長期化することが予想されています。

さらに残暑が厳しい年は、スギの花芽の生育が促進され、通常は年明けから飛び始めるスギ花粉の一部が11月下旬ごろにも舞い始める可能性もあります。今年はブタクサに加えスギ花粉も飛ぶ可能性があるため、敏感な人は秋のうちから花粉症対策をしましょう。

先日の台風の影響で花粉飛散が増えたためか、当院でも鼻のかゆみやくしゃみをを訴える患者さんが多く来院されました。この季節は学校の運動会や野外活動で、アレルギー性鼻炎にかかってしまう子供が多いです。
風邪だと思っていたら、実はアレルギーであったという場合もあるので、心当たりのある方は、アレルギー検査で原因物質(抗原)を特定し、すぐに対策を講じることをお勧めします。

その他の原因

秋の花粉症の原因:昆虫など

花粉以外の秋のアレルゲンとして意外と知られていないのが「昆虫」です。
秋は、ガやダニ、ユスリカ、ゴキブリなどの昆虫アレルゲンがもっとも多くなる季節です。死骸が粉状になったものを吸入することにより、ぜんそくやアレルギー性鼻炎が引き起こされることがあります。

また、9月~10月の秋期にかけて増加する空中真菌(カビ)もアレルギー症状の原因となります。近年、住居の気密性が高くなることでに湿度が上がり、カビが発生しやすくなっているため、カビを原因とする患者さんも増えています。

検査・治療

レーザー治療機器
レーザー治療機器

アレルギー性疾患は、ブタクサやヨモギなどの特定の抗原(アレルゲン)に対してヒトの体内で抗体(免疫グロブリン:IgE)が作られることで発症します。抗原を除去回避するには、原因となるご自身の抗原を知ることが重要です。

検査には、血液からIgEの量を調べる方法や抗原エキスを皮膚に垂らして反応を見る「スクラッチテスト」という方法があります。検査代は血液検査で3460円、スクラッチテストで470円(いずれも保険適用された3割負担の金額)です。

花粉症を含むアレルギー性鼻炎の治療は、アレルゲンの除去と回避、薬物療法、手術療法(鼻レーザー治療)に分けられます。
症状がひどくなる前に適切な診断を受け、原因アレルゲンを除去・回避しましょう。

予防

花粉症の予防にはマスク

秋の花粉症対策としては、花粉が鼻、口、目などの粘膜に吸着しないようにするというのが原則です。外出する際には、髪の毛に花粉がつかないように帽子を被ったり、吸い込まないように花粉マスクをして花粉の吸着を防ぎましょう。

待ち時間の確認と受付がオンラインで行えます!

たまき耳鼻咽喉科アイチケットオンライン受付|http://paa.jp/t/116701/
PC・スマホはクリック

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。右の画像からお進み下さい。(診察券番号をお持ちの方に限ります)携帯電話でもご利用になれます。
右のQRコードを読み取ってお進み下さい。
尚、初診の方は診療時間内にお越しください。

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。(診察券番号をお持ちの方に限ります)

オンライン受付をする
このページのトップへ戻る