花粉症|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

花粉症

年々患者数が増大している花粉症。関西における花粉の飛散時期や花粉の除去方法を知り、症状の軽症化に努めましょう。当院では子供の花粉症治療にも対応している他、日帰りで手術できる鼻レーザー治療も実施しています。

花粉症ついて

花粉症の症状

花粉症の症状

スギやヒノキなどの花粉が抗原となりアレルギー反応がおこり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻症状だけでなく、目や皮ふのかゆみ、下痢、熱っぽさなどの症状を引き起こすアレルギー性鼻炎の一種です。花粉が飛ぶ時期だけに症状が発生するため、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

花粉症患者は年々増加傾向にある

2008年と1998年の有病率01
「鼻アレルギー診療ガイドライン2013年版」より一部改変

さらに近年、花粉症にかかり始める患者さんの低年齢化が進んでおり、幼稚園以下のお子様でも花粉症症状が見られることが多くなって来ました。

しかし、子供はその症状が花粉症によるものであることがわからないため、たいていの場合自分で症状を訴えることがありません。
ご両親がお子様の様子をしっかりと観察し、症状が見られる場合には早めに対処する必要があります。

花粉症を引き起こす植物の開花時期(関西)

同じ花粉でも地域によって、飛散時期が異なります。
関西ではいつごろにどんな花粉が飛ぶかを把握しておき、ご自身の抗原となる花粉の除去、回避に努めましょう。

花粉量:少ない
少ない
花粉量:飛散時期
飛散時期
花粉量:ピーク
ピーク
主な原因植物 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハンノキ属 少ない 少ない 飛散時期 少ない 少ない - - - - - - -
スギ 少ない 飛散時期 ピーク 飛散時期 少ない - - - - 少ない 少ない 少ない
ヒノキ科 - 少ない ピーク 飛散時期 ピーク 飛散時期 - - - - - -
イネ科 少ない 少ない 少ない 飛散時期 飛散時期 飛散時期 少ない 飛散時期 飛散時期 飛散時期 少ない 少ない
ブタクサ属 - - - - - - - 少ない 飛散時期 少ない - -
ヨモギ属 - - - - - - 少ない 少ない ピーク 飛散時期 少ない -

スギ

  • 1月~5月、10月~12月
  • 3月

ヒノキ科

  • 2月
  • 3月、5月
  • 4月

イネ科

  • 1年中
  • 4月~6月、8月~10月

ブタクサ属

  • 8月~10月
  • 9月

ヨモギ属

  • 7月~11月
  • 10月
  • 9月

診断の流れ

  1. 問診
    いつから症状があるか?どんな症状か?他のアレルギーの病気を合併していないか?家族にアレルギーの人はいるか?これまでどんな治療をしたことがあるか?等の質問から治療方法を検討します。
  2. 鼻鏡検査
    鼻鏡で鼻の中の粘膜の腫れや鼻みずを確認します。
    副鼻腔炎、鼻ポリープ、鼻中隔湾曲症などの他の病気にかかっていないかも注意して観察します。
  3. 病気がアレルギーによって起きているか証拠をつかむ検査
    鼻水の中の好酸球を確認します。その他、血液検査で総IgE、血中好酸球値からアレルギー反応の強さを測定します。
  4. 抗体を見極める検査
    皮膚反応:スクラッチテスト、皮内テスト、ブリックテスト
    皮膚に注射などで抗原を入れ、赤く腫れるなどの反応から抗体をもっているかを診断します
    血中特異性IgE検査
    血液検査で花粉症の原因となっている抗原(アレルゲン)に対する抗体を見極めます。
    鼻粘膜誘発テスト
    原因抗原を鼻の粘膜につけ、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの反応を確かめます。
  5. 鼻X線検査
    鼻づまりがひどい場合には、レントゲン検査で副鼻腔炎など他の病気に掛かっていないかを確認します。
  6. 病型の診断
    くしゃみ・鼻水型、鼻づまり型、充全(どちらも)型に分類し、治療方法を選択します。
  7. 重症度の診断
    症状の程度によって、軽症、中等症、重症・最重症に分けます。

治療方法~抗原の除去と回避~

症状改善の第一歩は、花粉症の原因となる花粉(抗原)の吸入量を日常的に減らすことです。
花粉を除去する努力をするだけで症状は軽くなります。

スギ花粉を避けるために気をつけること

掃除
  • 花粉情報に注意する。
  • 飛散の多い時の外出を控える。外出中にマスク、メガネを使う。
  • 花粉が付きやすい毛織物でできたコートの使用を避ける。
  • 帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。洗顔、うがいをし、鼻をかむ。
  • 飛散の多い時期は、窓や戸を閉めておく。換気時も大きく窓を開けず、すぐ閉める。
  • 飛散の多い時の布団や洗濯物の外干しは避ける。
  • 掃除をこまめに行う。特に窓際を念入りに掃除する。
鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版(改訂第6版),ライフサイエンス社,2009:38」より一部改変

治療方法~薬物療法とレーザー治療~

薬物療法

病院で処方されるアレルギー性鼻炎のお薬と、ドラッグストアなどで購入できる市販薬の種類や効き目は異なります。病院で処方される主なお薬について紹介します。

抗ヒスタミン薬
くしゃみや鼻水に対してよく処方します。人によって少し眠くなる副作用が出ることもありますが、最近のお薬の中には眠気の副作用が少ないお薬もあります。
ロイコトリエン受容体拮抗薬
鼻粘膜の腫れや炎症を改善するお薬で、特に鼻づまりの患者さんに処方します。またくしゃみ・鼻水にも有効な眠気の副作用が少ないお薬なので、くしゃみ・鼻水の患者さんにも処方する場合もあります。
鼻噴霧用ステロイド薬
一般的に効果が強く、くしゃみ・鼻水・鼻づまりのいずれにも有効です。直接鼻粘膜に作用するため、即効性が高く、全身性の副作用や眠気の少ないお薬です。

鼻レーザー治療

鼻づまりが強い場合は、鼻炎治療用レーザーによる手術療法も選択肢の一つです。
手術時間は麻酔を含め約30分程で、日帰りで手術が可能なため、年々希望する患者さんが増えています。レーザー治療については予約をお願いします。

子供の花粉症治療

花粉症のお子様

最近まで花粉症は若い成人女性に発症が多いとされ、小児での発症は比較的少ないとされていました。ところが近年になって、子供の花粉症が急増しつつあります。

花粉症はアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、小児喘息などの一般にアレルギー体質の傾向が強いお子様がかかることが多いです。花粉症の症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)のために夜間よく眠れないと、それが原因で睡眠不足となり翌日の活動性に影響を与えることがあります。睡眠不足に昼間の症状が加わり、より集中力や活動性が落ちることもあります。

子供はなかなか自分の花粉症には気づきにくいものです。例えば、鼻水・鼻づまり等を訴えることは少なく、その代わりに鼻に手をもっていくとか、目がかゆくてこするなどの動作がみられます。このようなお子様の様子をしっかり観察して、花粉症の徴候が見られるようなら早めにご来院ください。

子供の花粉症治療は原則成人と変わりませんが、ステロイドの点鼻薬は就学前の小児には使いたくないので、副作用の少ないロイコトリエン受容体拮抗薬を中心にお子様一人一人の状況に合わせた治療を心がけております。

待ち時間の確認と受付がオンラインで行えます!

たまき耳鼻咽喉科アイチケットオンライン受付|http://paa.jp/t/116701/
PC・スマホはクリック

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。右の画像からお進み下さい。(診察券番号をお持ちの方に限ります)携帯電話でもご利用になれます。
右のQRコードを読み取ってお進み下さい。
尚、初診の方は診療時間内にお越しください。

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。(診察券番号をお持ちの方に限ります)

オンライン受付をする
このページのトップへ戻る