アデノウィルス|大阪市生野区・東成区・天王寺区で花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの方はたまき耳鼻咽喉科へ

アデノウィルス

もし夏に、お子さんに突然の高熱やのどの腫れが見られた場合、アデノウィルス感染症かもしれません。アデノウィルスは感染力が強く、咳やくしゃみ、タオルの共用や排便等から感染するので、他の子供に感染させないために、正しい知識を身につけましょう。

アデノウィルスって何?

乳幼児から学童に広く感染

アデノウィルスは鼻や喉から入って、扁桃炎や咽頭炎を引き起こすかぜの原因となるウィルスです。夏に流行しますが、一年中感染する可能性があります。主に乳幼児から学童に広く感染し、39~40度に及ぶ高熱が3~5日間続きます。

アデノウィルスには様々なタイプがあり、軽い風邪程度で済むものから重症の扁桃腺炎や肺炎、さらには結膜炎や嘔吐を伴う下痢症など症状を引き起こします。

ここでは代表的な3疾患をご紹介します。

アデノウィルスによる代表的な3疾患

滲出性扁桃炎(しんしゅつせい へんとうえん)

口内の扁桃付近に白い膿のようなものがつくアデノウィルスの代表的な疾患です。39度以上の急な発熱が起こり、咽頭痛や頭痛を伴います。インフルエンザ等に比べ高熱の割に全身状態はつらくないことが多いのですが、白いブツブツが消えて赤みが取れるまで熱が下がらないことがあります。

咽頭結膜熱(いんとう けつまくねつ)

通称「プール熱」

プールで遊ぶ子供たち

乳幼児から学童の間で6月から流行し始め、7~8月の真夏にピークをむかえる咽頭結膜熱は、他のアデノウィルス由来の疾患と同様、高熱が3~5日間続き、咽頭炎や扁桃炎を引き起こします。

咽頭結膜炎は、夏場にプールで子供達が集団感染することが多いため、「プール熱」と呼ばれており、咽頭炎に加え結膜炎(両目または片目が真っ赤に充血し、目やにが出ます)も同時に起こります。

流行性結膜炎(りゅうこうせい けつまくえん)

通称「はやり目」

夏から秋にかけて多く見られる流行性結膜炎は、急に白目が赤くなり、目やにや涙が出て、目が痛くなるといった症状があらわれます。
咽頭結膜熱と異なり、高熱や喉の痛みを伴うことはあまりありませんが、「はやり目」と呼ばれるほど感染力が強いので注意が必要です。乳幼児から学童を中心に流行りますが、成人を含んだ幅広い年齢層に感染します。

アデノウィルスの治療法

アデノウィルス検査

アデノウィルスの診断は、流行状況、症状から判断する以外に、綿棒でのどをなでて液を採取することにより、15分程で簡単に診断できます。

一般的にウィルス感染による風邪に直接効く薬というものは殆どなく、アデノウィルスにも同様に特効薬はありません。いわゆる風邪薬は、風邪による色々な症状をやわらげる薬なのです。

アデノウィルスに感染した場合の一番の治療法は十分な休養と水分補給です。ただし、高熱や喉の痛みが強い時には、解熱鎮痛剤を服用したり、目の痛みや赤みが強い時には、別の細菌感染を予防する抗菌薬や、炎症を抑える目的で抗炎症剤の目薬を用います。

他の子供にうつさないために

アデノウィルスの潜伏期間

アデノウィルスの潜伏期間(感染してから症状が出るまでの期間)は約5~7日です。症状が現れ始める直前から他の人へ感染するため、家族でのタオルや食器などの共用を避けることが必要です。

アデノウィルスは感染力がとても強いので、熱が完全に下がり症状がなくなっても、2日間は幼稚園や学校を欠席し、人の多いところへの外出も控えましょう。

待ち時間の確認と受付がオンラインで行えます!

たまき耳鼻咽喉科アイチケットオンライン受付|http://paa.jp/t/116701/
PC・スマホはクリック

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。右の画像からお進み下さい。(診察券番号をお持ちの方に限ります)携帯電話でもご利用になれます。
右のQRコードを読み取ってお進み下さい。
尚、初診の方は診療時間内にお越しください。

携帯電話やインターネットにて待ち状況が確認できます。
患者様の待ち時間の負担を軽減する為、携帯電話・パソコンで順番待ちの状況を把握したり、オンライン受付が出来るサービスを実施しております。(診察券番号をお持ちの方に限ります)

オンライン受付をする
このページのトップへ戻る